ベトナムで仕事を見つけて働く方法

なぜベトナムなのか

近年、東南アジアは発展しています。こんな発展中の東南アジアでは優秀な人材が慢性的に不足しています。中でもベトナムは、ジム・ロジャースも注目している国で今後ますますの発展が予想されています。

急激な変化に対し、どの国が対応できているか。もともと苦境にあった欧州の国々は、新型コロナによってさらなる苦境に沈んだ。一方、経済力の上昇が続いていたベトナムは、公式発表では一人の死者も出していない。コロナ危機にうまく対応できているように見える。少なくとも、欧米の国々に比べれば悪影響は少ない。だから、私は今、ベトナムに投資している。

ジム・ロジャーズが今投資するのはベトナム その理由は?

あなたの長所を生かし、ベトナムで働いてみませんか?

ベトナムで就職するには様々なハードルがありますが、どのようにすれば働くことが出来るかをここで簡単に紹介します。

ベトナムで雇用されるなら

  • ベトナムの経済は自由化に向けて進んでおり、将来的な成長を維持しています。
  • 労働許可証の取得は複雑ですが、ベトナム政府はこの問題を深刻に捉えており、今後改善されていく可能性があります。

ベトナムで働くつもりなら、ベトナムの文化的価値と伝統を理解する必要があります。それがあってこそ、長くベトナムで働くことがでます。その文化的価値はビジネス環境に強く反映されています。

20世紀後半、ベトナムは激しい経済的混乱に見舞われました。ベトナム戦争やアメリカへの禁輸などがその象徴です。しかし、国際的な経済後退による面倒な問題に直面しているにも関わらず、ベトナムで働くことで多くの見返りがあるように、経済成長を楽しんでいるようにも見えます。

ベトナムで働くことの鍵はヒエラルキー

ハノイやホーチミンで働くと、ベトナムの企業はヒエラルキーで成り立っているということにすぐに気づくでしょう。決定は上層部が行い、大抵の場合は会社の最年長者に決定権があります。このことから、同僚やパートナーが年上の場合は、敬意を払うことを忘れずにしましょう。

ベトナムにある日系企業も同じようなもので、日本に本社がある日系企業は日本の動向や言動に大きく左右され、日本に本社がない日系企業はベトナムの企業と大きく変わりません。もし、日本の古い企業体質から抜け出したくて海外就職へ憧れ、生半可な気持ちではベトナム転職を志す場合は肝に命じておいた方が良いです。

このことは、ベトナムのビジネスの世界や社会において重要です。

貧しい国からダイナミックな経済へ

ベトナムは世界でも失業率が低い国の1つで、2016年の初めはたった2.23でした。1986年以来、ベトナムは経済的な成功を収めています。四半世紀で、世界で最も貧しい国の1つから下位中産収入の地位まで上りました。2000年代では、GDPが急激に成長し、貧困率も58%から14%に下がりました。

2015年、輸出で成長を記録した唯一の国がベトナムで、財政危機の影響は限定的でした。実際に、危機を効果的に乗り越え、2014年のGDP成長率は5.5%、2015年には6.5%になりました。

これらの達成の多くは、農業、食産業、織物、家具、エネルギー、観光業、テレコミュニケーションなどの経済の鍵となるセクターを政府が改革したためです。これらの改革は、会社を民営化し、景気の改善、対外投資の刺激、効果的な金融政策を導入することで成り立っていました。

技術や経験があるベトナム就職希望者にとって、ベトナムがとても魅力的なのは理由があります。高い国内消費、FDI向きの環境から、たくさんのチャンスがあります。

しかし、ベトナムの経済に棘となるものもあります。

事実、銀行業は多くの不良債権があり、不十分な資本家も脅威となっています。ただベトナムの未来の展望は前向きなものになっています。2016年、ベトナムの他に11カ国が参加する環太平洋連携協定(TPP)にサインしました。さらに、農業やエネルギーでは効果的な技術や労働力で、未来の良い経済が保証されています。そして、今後もベトナムのGDPは6%以上で成長すると予想されています。

労働許可証について

ベトナムで働き始めるには、外国人は労働許可証を取得しなければ働くことができません。

取得するために、外国人は労働契約と雇用をしてくれる雇用者(企業)が必要です。そして雇用者(企業)のある地域の傷病兵労働社会局に申請します。

現在ベトナム政府は、労働許可証取得の条件の簡易化と延長の手続きの免除についての政策改革を進めています。

労働許可証取得を免除される就労者

労働許可証を免除される就労者の一覧

①学位を持っていて、働きたいと思う分野で、最低でも3年間の職歴がある人です。これは1回の滞在が30日以内かつ1年に90日以内に限ります。

②日本(外国)の特定分野の企業から派遣される人。その分野はIT・ビジネス・教育・流通・建築・健康・環境・金融・運送・観光・娯楽であることです。

③大使館の傘下にあるインターナショナルスクールで働く教師やベトナムの学校で働く場合。但しベトナムの学校で働く場合は、教育省からの許可証が必要になります。

④ベトナムの企業でインターンシップをする人、国際NGOからの許可されたボランティア、ODAのプロジェクトを実行するための専門家。

これらの場合、雇用主は傷病兵労働社会省に必要な書類を提出しなければなりません。概ね3日以内で免除が認定され、免除期間はその期間は2年間になります。

労働許可証が必要な就労者

上記に当てはまる人以外は労働許可証が必要になります。もちろん、この場合も傷病兵労働社会省に書類を提出しなければなりません。そして労働開始日の2週間前までに以下の書類を提出する必要がありますが、可能であれば、それ以上前から取り掛かることが良いです。

但し、日系企業で就労する場合は、企業の人事・総務や労務を担う部署もしくは企業が依頼するコンサルティング会社などが手続きを行ってくれることが多いです。その際、必要な書類を準備するだけです。

  • ベトナムの企業で雇用されることの証明(雇用先企業が準備します)
  • パスポートのコピー
  • 就労者の労働許可証をもらうための雇用主からの申請書(雇用先企業が準備します)
  • 指定病院での健康診断書
  • 日本(母国)での犯罪歴証明書。ベトナムで30日以上居住している場合はベトナムの犯罪歴証明書も必要となり、ベトナム居住期間が長いとベトナムでの犯罪歴証明書のみで良いこともあります。
  • 資格を証明する書類
  • 6か月以内に撮影されたカラー写真2枚(4cm x 6cm、背景は白、前向き、帽子を被らない、サングラスをかけない)

*労働許可証の有効期限は2年間です。

ベトナムの労働市場と社会保障

日系企業だけでなく多くの外国企業がベトナムへ進出しております。

中でも顕著なのは、製造業・IT・観光業・サービス業になります。製造業やITは経験のあるエンジニアを募集しいていることが多いですが、どの業種においても最も必要とされている職種は営業職です。ベトナム就職で営業職を希望すれば、就職活動をする上で大きく容易になることでしょう。

そのほかの職種を探す場合は、経験職種の転職であれば仕事が見つかりますが、未経験職種で仕事を探す場合は少し難しくなることを心得ておきましょう。

ベトナムのビジネス業界では、ベトナム語が話せれば良いに越したことはありませんが、ベトナム語は発音が難しく覚えるのは大変です。しかし、ベトナムのビジネス業界では広く英語が使われているため、英語が話せるだけでも仕事を見つけやすくなります。

結局、問題となるのは、これらのハードルを越えるやる気があるかどうかということです。

社会保障負担

ベトナムの社会保障負担は3つに分類されます:社会保険、健康保険、そして雇用保険です。

  • ベトナムの労働契約下で働いている就労者は、これらの保障の負担をしなければなりません。
  • 海外の企業に雇用されていて、地元の企業との契約がない場合は支払いの必要がありませんが、将来的に必要になります。

健康保険の保険率は、雇用主が3%を負担し、労働者は給与の1.5%を支払います。

社会保障サービス

20年以上ベトナムの経済に貢献した場合は、男性は60歳、女性は55歳から老齢年金を受け取る資格があります。

その他の社会保障サービスは、病気、妊娠、労災があります。これらに関して傷病兵労働社会省に監督責任があります。

時間厳守、名刺、冷静さは必須

他の国と同様、ビジネスのエチケットを理解することは必須です。ビジネスの関係はフォーマルなものです。ベトナムでビジネスをする場合は、いくつかのルールを守りましょう:

  • 大声で話さない、過度なジェスチャーは驚くほど無礼であると考えられています。
  • 名刺は必須です。片面は英語で、もう片面はベトナム語で書かれたものにしましょう。両手で渡し、ベトナム語側を表にします。
  • いつも時間厳守でいると、これは高く評価されます。もし遅れそうな場合は相手に連絡しましょう。
  • コーヒーや紅茶が提供された場合、拒否してはいけません。
  • 公な場所で同僚やビジネスパートナーの愚痴を言うのはやめましょう。どちらの面目も潰してしまいます。
  • 頭を触ってはいけません。頭には魂が宿っていると考えられているため、恋人や我が子でない限り、そのようなジェスチャーは失礼にあたります。